悲しいけど強くかっこいい物語「進撃の巨人」

現在はシーズン2が放送中の「進撃の巨人」。今まで多くの漫画やアニメを見てきましたが、これほど影響された作品はありません。「世界は残酷」というセリフが劇中にも何度も出てくる通り、ストーリーは悲しく見ていられなくなるようなシーンも多々あります。しかし、その中に人の強さや覚悟がありとても引き込まれる作品です。まだ幼い時に母親を目の前で巨人に喰われ、普通なら精神を病んでしまってもおかしくないような経験をした主人公・エレン。それでも彼は恐怖に屈することなく迷わず戦うことを選びました。その彼の精神は見習いたいと思います。絶望的な状況でも「戦え!」と他の仲間も勇気付ける彼。日常生活で諦めたくなったり、辛くて落ち込むたびに彼のことを思い出すと頑張れます。そしてこの作品は、エレンの他にも様々な強い兵士達が出てきます。皆様々な葛藤や思いを抱いていますが、それでも戦うことを選んだ人たち。どのキャラクターも尊敬に値する人ばかりです。特に私が影響を受けたのは、主役エレンの同期であり104期生のジャン。彼は登場当初は、自分が楽して安全に暮らしたいためだけに兵士を選んだ自分勝手な人間でした。しかし、同じ訓練生の親友であったマルコがトロスト区防衛戦で命を落としてしまいます。誰の目にもとまらず、人知れず死んでしまったマルコ。マルコが生前にジャンに言った「君には今何をすべきかが分かるんだ」というセリフを思い出し、戦うことを選びます。本当は巨人などもう2度と見たくはないはずですよね。それでも戦う彼の姿には何度も勇気付けられました。この作品にはたくさんの兵士が出てきますが共通しているのは、皆戦うことを選んだこと。大切な人を守るため、人類の自由を取り戻すため…その為に戦い続ける彼らにはいつも心を揺さぶられます。女性のヒゲは脱毛で解決しよう

悲しいけど強くかっこいい物語「進撃の巨人」

平日の電車内で感じた普通の自分

今日は久しぶりに電車に揺られました。30代後半、独身女性といえば多くの人が電車通勤をしていると想像することと思います。私の場合は幸いにも勤め先が隣駅にあり、満員電車とは全くの無縁です。隣駅なので主に自転車を使い、時には健康のために歩いて通勤しています。そして休みの日の過ごし方といえば、家で読書、スポーツ、近所のショッピングセンターをぶらぶらする、など。旅行ににも滅多に行かず、友達とはもっぱらメールで連絡する始末。会うのは盆、暮れ、正月などなにか大きな休みがあるときくらいです。つまり半径10キロ圏内で生きている世界の狭い女です。そんな私が電車に乗る用事があるのは、月に一度の通院のみです。場所は池袋にあるので随分な都会にでていくおのぼりさんの気分です。仕事を早退し、いざ電車へ乗り込むと人々の日常が目に入ってきます。真昼間にいる若い人は大学生でしょう、制服を着ている子なら試験があったのかな、サラリーマンなら営業職かな、などと考えます。世間に混じった感じがします。それほど私の生活は浮世離れしているというか、世間からはずれているような気がしてなりません。こんなに狭い空間に人が密集していて、学生時代は満員電車にゆられて通学していたのが不思議なくらいです。世間とかけ離れているなぁと普段から感じていたのですが、電車に乗ってみるとなんてことはありません、私もその雰囲気に溶け込んでいました。久しぶりだから電車に乗ることさえ気負ってしまったけれど思ったよりも普通でした。心配して損したなぁと思いました。置き換えダイエットシェイクが一番調子が良いです。

平日の電車内で感じた普通の自分

わたしが大好きで影響を受けた漫画

小学生の頃に連載・流行していた漫画ですが、年月を経てもいまだにたくさンの場面が記憶に残るほど大好きでハマっていた、のちに実写映画化までされた漫画が「るろうに剣心」です。
ちょうど小学校でも日本の歴史を勉強し始めるころの学年に絶賛連載中で人気の漫画でした。この漫画は明治時代の頃を舞台として、実在した人物や事件なども織り交ぜていたこともあって、漫画を読むうちにすっかり歴史に興味津々になりました。もちろん習ったことと全く同じ内容が出てくるわけではないですが、学校の授業でるろ剣の時代が出てくると、隠してはいたものの内心はものすごくウキウキしていました。特にるろ剣では大々的に扱われるわけではなかったですが、新選組への興味が一気に開花したのはこの漫画も後押しいたのは間違いありません。主要キャラの斎藤ももちろんかっこいいのですが、彼ではなくちょびっとしか出てこない他の新選組メンバーにはもう憧れが強く、新選組に関しての書籍を読んだり探したりしてしまうほどでした。これほどハマり、影響されたのはやはりるろ剣のおかげです。ストーリーが時代背景も描かれたり、戦いも多いので惨い場面等もありますが、決してかっこいい展開だけではなくボロボロな主人公の姿も描きながら、多数の偉人が出てきた時代・大きく動いた時代を描いた漫画としては本当に一番とも言いたいです。完結して時間も経ちましたが、日本の話で海外にもファンがいて、映画化もされるというのは、やはりこの漫画の持つ魅力が素晴らしいからです。マッチアラームで出会いを求めたいです。

わたしが大好きで影響を受けた漫画

私が最近読んで影響を受けた漫画~ある台詞との出会いが私の人生を大きく変えました~

「進撃の巨人」という漫画をご存知ですか?2009年から『別冊少年マガジン』で原作者・諫山創さんによって連載されたファンタジーバトル漫画で、後にアニメ化・実写化もするなど、各方面から高い評価を受けた漫画です。最早、この作品を知らない人の方が少ないといっても過言ではないでしょう。という位、空前の大ブームを引き起こした漫画です。私はこの作品と出会い、自身の価値観・物事の見方が大きく変わりました。この漫画に出てくる主人公の仲間、アルミン・アルレルト。巻中に出てくる名台詞の1つに『何かを変えることのできる人間がいるとすればその人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ』という台詞があります。私はこの作品と出会うまで何も捨てる覚悟がないちゃらんぽらんな人間でした。政治とカネがはこびっている現代の日本社会を変えたい、(自身には発達障害があるのですが)障害についてもっと理解が深まり、雇用の機会を増やして欲しい…。頭ではそう思いつつ実際には何も行動を起こさない、いい加減な奴でした。しかし、この台詞と出会ってからは「何かを変えるためなら恥も何もかも捨ててやる!」という精神で朝も夜も執筆活動をするようになりました。その甲斐あってか大手の出版会社に自身について執筆した本が出版されることが決まり、この世を変える大きなきっかけとなりました。これからもこの台詞を忘れず、『何もかもを捨て去る』という強い覚悟で執筆にあたっていきたいと思います。自身の行動が世を変えることにつながり、多くの人が笑顔になりますように。そんな願いも込めてこれからもずっとこの漫画を応援していきたいです。以上、私が最近読んで影響を受けた漫画についての記事を終わります。マッチブックという恋活アプリがおすすめです。

私が最近読んで影響を受けた漫画~ある台詞との出会いが私の人生を大きく変えました~

ウィークデイの会社に打ち勝つ為に休暇は趣味のために日にちを使おう

俺は休暇はほとんど外側に出ません。
標準家でゴロゴロしています。
ですが嗜好があります。 
それはとあるヴィジュアル関連バンドの真似だ。
都内で組まれたバンドなのでアクティビティーは関東中内面ですが、大好きなバンドなので新幹線を使って遠征しています。
年に数回旅もおこなっているので近くでライヴが開催された時は必ず行くようにしています。
遠征費や宿泊代、切符料金や代物料金など増える収益は多くありますがでもそれ以上に奴らのライヴは最高です。
まず普通のバンドと違うところは振り付け誘い師があることです。
ライヴのボルテージ方や曲の振り付けなどを教えてもらえる。
こういう人間がいるおかげで初めてバンドを見分ける人間でも安心してライヴが楽しめます。
そしてその人間が掛かるおかげでフロアに一体イメージが出来上がり、ライヴが締めくくる頃には一切笑いになっています。
とっても素敵なことだと思います。
またライヴ注のMCも面白くて歌唱もとっても最高です。
そして奴らには野望があります。
それは2020年に武道館をいっぱいにしてライヴをやることだ。
そのために毎年年末に概念を決めて相手方をいっぱい獲得するために必死になって動いています。
そういう奴らを見て私も必死に奴らを追い掛けています。
こういう目線で奴らが武道館に立つ出で立ちを見たいだ。
そして有名になった下記のサイトのように女性にモテまくってウハウハな人生を贈りたいものだ。
http://xn--nbkxd8a6b5dygq68tvnxb.biz/
↑のサイトみたいな都合の良い相手が早く見つかるといいんだけどな…

ウィークデイの会社に打ち勝つ為に休暇は趣味のために日にちを使おう